Mr.チョッカンのブログ

新作映画とか観たので感想を書きます。

> サスペンス

カテゴリ: サスペンス

映画ジョーカー
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

日本公開日2019年10月4日(金)

本作は『ハングーオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009年)や『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』(2006年)の原案など、多くのコメディ作品に関わてきたトッド・フィリップスが監督を務めた。

ジョーカーという最強のヴィラン(悪役)をコメディ畑の監督が、悪のカリスマに変貌していくストーリーを描くというのは、なるほどという感じがします。

ホアキン・フェニックス演じる、ジョーカーのはどのようにして“悪のカリスマ”となっていったのでしょうか。

続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 画像

映画ファンと言っても、特化したジャンル映画ファンとか邦画しか観ませんの人とか、いろいろのいると思います。

クエンティン・タランティーノ監督最新作となると、ある種の映画オタクはお祭りモードに入り、しかも今作はレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットというスター共演で取り分け関心の強い作品となっています。

そんな映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を鑑賞した感想です。

続きを読む

画像は公式サイト「シンプル・フェイバー」より引用

主演アナ・ケンドリック、ブレイク・ライブリー。監督は『ブライズメイズ史上最悪のウエディングプラン』(2011年)などで知られるポール・フェイグ。原作はダーシー・ベルの小説『ささやかな頼み』(2017年)。

続きを読む

(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN

日本公開日2019年6月14日

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000年)などで知られる、ラース・フォン・トリアー監督最新作。主演はマット・ディロ督の前作『ニンフォマニアックVol.1、Vol2』(2013年)に出演していたユマ・サーマン。そしてエルヴィス・プレスリーの孫、ライリー・キーオや、今年死去したブルーノ・ガンツが出演している。

続きを読む

↑このページのトップヘ