Mr.チョッカンのブログ

いまのとこ、新作映画感想多めの雑記ブログ

映画サラブレッド
(C)2017 Thoroughbred 2017, LLC. All Rights Reserved.

日本公開日2019年9月27日(金)

映画『サラブレッド』を鑑賞してきたので感想を書きます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画アド・アストラ
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

日本公開日2019年9月20日(金)

映画『アド・アストラ』の感想です。

タイトルのアド・アストラ(Ad Astra)とはラテン語で“ 星々へ ”という意味らしいです。日本企業のイオン(AEON)はラテン語で“永遠”という意味みたいです。

私は、イオンシネマのハードユーザーです。イオンさん私に何か下さい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ある船頭の話 画像
(C)2019「ある船頭の話」製作委員会

日本公開日2019年9月13日(金)

映画『ある船頭の話』の感想です。普段洋画ばかりで邦画をあまり観ませんが、チラシがやたらカッコいいというだけで新宿武蔵野館までオダギリ ジョー初監督作品を鑑賞して参りました。

私が観た次の次の上映時間でオダギリ ジョー登壇だったのに惜しかった!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アス/Us 映画
(C)Universal Pictures

2019年9月6日『アス/Us』が公開されたので観に行ってきました。

今年楽しみにしていた作品の一本でジョーダン・ピール監督最新作です。彼は前作の『ゲット・アウト』(2017)はコメディ、ホラー、社会風刺と斬新な雰囲気を持ったブラックな映画でした。

予告を観ると前作と似たテーマだなと思いましたが、本作はどんな作品なのでしょう。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 画像

映画ファンと言っても、特化したジャンル映画ファンとか邦画しか観ませんの人とか、いろいろのいると思います。

クエンティン・タランティーノ監督最新作となると、ある種の映画オタクはお祭りモードに入り、しかも今作はレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットというスター共演で取り分け関心の強い作品となっています。

そんな映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を鑑賞した感想です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

日本公開日2019年8月23日(金)

エルトン・ジョンは、とても有名なシンガーソングライターではありますが、筆者はピアノマンとしてよく比較されるビリー・ジェル共に全く思入れはありません。

スイマセンいきなりジョエルにとばっちり感が出てしまいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

休日の過ごし方は、美術館巡りなどという事はありません。気になる絵画を画像検索でググって楽しんでいる程度です。パソコンで画像拡大してみたりね。

なのでスーパー素人がアートドキュメンタリーを鑑賞して参りました!

本作のナサニエル・カーン監督は『M・ナイト・シャマラン/ある映画監督の謎』(2004年)というシャマランファンには気なるドキュメンタリー作品を撮っています。

ビデオ未発売ぽいのでどうやって観るのかイマイチ分からないが。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。みなさんビリー・ザ・キッドという人物はご存じでしょうか?

『ヤングガン』(1988年)はこの実在の人物が題材になっていて、アメリカ西部開拓時代のアウトローで早撃ちガンマンとして描かれています。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像は公式サイト映画「カーマイン・ストリート・ギター」より引用

日本公開日2019年8月10日(金)

監督ロン・マンによるドキュメンタリー映画。ギターショップ、カーマイン・ストリート・ギターの一週間を描く。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

© 2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「ライ麦畑でつかまえて」(1951年)で有名な小説家J.D サリンジャーの生涯を映画化。原作はケネス・スラウェンスキー著「サリンジャー 生涯91年の真実」(2013年)。主演、ニコラス・ホルト。他、ケヴィン・スペイシー。監督はダニー・ストロング。本作で初監督となる。

ロックファンの筆者は、ジョン・レノンを殺害した男マーク・チャップマンが事件現場で読んでいた本が「ライ麦~」だったというの10代の時に知りました。これが入口となり読んだ本でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ