『アド・アストラ』映画感想あらすじネタバレ:トミー・リー・ジョーンズは日本にも居ない

スポンサーリンク
映画アド・アストラ
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

日本公開日2019年9月20日(金)

映画『アド・アストラ』の感想です。

タイトルのアド・アストラ(Ad Astra)とはラテン語で“ 星々へ ”という意味らしいです。日本企業のイオン(AEON)はラテン語で“永遠”という意味みたいです。

私は、イオンシネマのハードユーザーです。イオンさん私に何か下さい。

目次2-1からネタバレとなっています。

スポンサーリンク

作品情報

原題:『Ad Astra』 アメリカ公開日2019年/123分
監督:ジェームズ・グレイ
脚本:ジェームズ・グレイ
出演:ブラッド・ピット、トミー・リー・ジョーンズ、リヴ・タイラー、ルース・ネッガ、ドナルド・サザーランド

あらすじ

時は近い未来。宇宙飛行士ロイ・マクブライドは、地球外知的生命体の探求に人生を捧げた科学者の父クリフォードを見て育ち、自身も宇宙飛行士の道を選ぶ。
しかし、父は探索に出発してから16年後、太陽系の彼方で行方不明となってしまう。
だが、父は生きていた──ある秘密を抱えながら。
父の謎を追いかけて地球から43億キロ、使命に全身全霊をかけた息子が見たものとは──?

公式サイト『アド・アストラ』より引用
映画『アド・アストラ』本編映像 9月20日(金)公開

感想

※まだネタバレしていません。

映画のチラシに“必ず、見つけ出す。”と見出しにありますが、ロイ・マクブライド(ブラッド・ピット)が失踪した宇宙飛行士の父クリフォード(トミー・リー・ジョーンズ)を宇宙の彼方まで探しに行く話です。

日本人としてはCMでコーヒーを飲んでる宇宙人ジョーンズがどうしても頭にチラついてしまうので、実は日本にいんるんじゃ…。まあ、それはどうでもいいですね。はい。タイトルにしてますが、これが言いたかっただけです。次いきます。

しかし、ずいぶんと壮大な親探しですよ。国内でどっか行ってしまっても大変なのに、海王星まで行くんですから。

地球から43憶キロですよ。天文単位とかいう、ナゾの単位だと28.7AUですよ。遠いいですね~。もはや、遠いの表現も正しくなさそうな遠さですね~。

宇宙を股にかけた父探し映画ですね。

お年を重ねられ、恐らく初の宇宙へ行ったブラッド・ピットの渋い演技は、円熟味を増したとか、どっかで聞いたことのある語彙しか私からは出てきませんが、彼が出演しても納得のSF映画でした。

極端に言えばアベンジャーズに出てたらなんかおかしい気がするけど『アド・アストラ』なら、うんうん、納得という感じです。

そして、この映画はSFですが、スター・ウォーズシリーズのようなスペースオペラ(宇宙活劇)ではありません。近い将来こんな生活しているのかも?と思えるくらいの近未来感で、非常にリアリティのある宇宙描写です。

宇宙を舞台に人間ドラマに焦点を当てているという意味では、日本では2019年2月に公開された、アポロ計画の宇宙飛行士ニール・アームストロングの伝記映画『ファースト・マン』に近いかもしれません。

なので、リアリティのある近未来映画ではありますが、地味と言えば地味です。

とは言え、クリフォードが関っていた“リマ計画”が原因と思われる、地球上で起きる謎の異常な事故を究明しに宇宙へ行くので危険なことは多々起きます。プチ宇宙戦争も勃発するので、アクション的な見どころもありますし、緊迫したシーンは多々あります。

近年では、宇宙の美しい映像で思い出されるのが『ゼロ・グラビティ』(2013年)という作品がありました。無重力表現が大変素晴らしい映画で宇宙空間もとても美しい映画でした。

本作では、恐らく海王星の環だと思いますが惑星もキレイで月など、とてつもない映像美が映画の画面いっぱいに広がっているので、劇場で観賞するとやっぱり楽しさ100倍の映画です。

他ジャンルの映画は、家で観ても問題ないという事ではもちろんないですが、劇場のスクリーンで観る巨大な宇宙空間はまるでプラネタリウムを観ているかのようで、とても素晴らしい映画体験になると思います。

あと、監督のジェームズ・グレイは2018年に映画『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』で本作同様にブラッド・ピットの映画制作会社、プランBエンターテインメント制作で映画を一緒に作っています。

※ここから完全にネタバレになります。
スポンサーリンク

月にもショッピングセンター

ロイ(ブラッド・ピッド)は政府の上層部から、地球で起きている火災や謎の事故は、 海王星付近から発せられる波動(サージ)が原因で30年前に地球を発ち、16年前に失踪した伝説の宇宙飛行士ロイの父クリフォードは実は生きていて、この事と関係あるっぽいから調べに行ってくれないか?と言われます。

死んだと思っていた父が実は生きている事を知り、しかも地球に甚大な被害をもたらしている事と関係があり、更に調べて来いという指令の3連発ショックを受け動揺するロイですが、そんなもの断る訳ないだろとすぐに承諾します。

そんな遠くから発せられる波動は、43憶キロ彼方から来る何かで、地球を脅かす反物質なる装置が問題となるなんて訳わから過ぎですが、この反物質は映画化にもなったダン・ブラウン著『天使と悪魔』でも登場します。

映画『ダ・ヴィンチコード』(2006年)の続編ですね。

この反物質の威力はこの映画でも描かれていましたが、どうやらそのポテンシャルを甘くみていたようです。

そして、極秘作戦として公には公開せずに海王星まで向かいます。

一旦、月に宇宙船で向かってから火星にとりあえず向かうのですが、この月はサンドイッチ屋“サブウェイ”なんかもあったりしてとても住みやすそうな町を形成しています。

人類もたくさん住んでいるので、この世界ではもう月は立派な住みどころなっています。

しかし、この月でも戦争が勃発していて人同士で争いをしています。ロイもこの戦争に巻き込まれてしまい攻撃されます。

月のカーチェイスが繰り広げられ観たこともない争いが行われ、食料を奪いに来た盗賊達はためらいもなく攻撃してきます。死者もでてしまいましたがなんとかロイは逃げることが出来ました。

そして、火星に行き施設のとある部屋でマイクに向かって父に呼びかけます。しかし、返答はなく感情的になったロイは退出を命じられ、情緒不安定の問題からこのミッションから外されてしまいます。

ここで火星生まれの人間から、ロイと同様に親が“リマ計画”に加わっていたと話す女性が現れます。

彼女の手助けもあり、火星から発車する宇宙船に無理やり乗り込んで、上官の指示を無視しミッションを完遂しようとします。

海王星に行くと宇宙船に乗った父と30年振りに再会しました。父は生きていたのです。地球に帰ろうと促しても父は帰ろうとはしません。しかも、はっきりと地球外生命体発見の為に、ロイ達家族を捨てたと言います。

運命を見つけたから家族は必要ないと言わんばかりです。

それでも、帰還を促すと渋々宇宙服を着用しますが、船外に出るともみ合いになってロイを突き飛ばし深淵なる宇宙の彼方へ消えて行ってしまいます。

それを見届けたロイは、何とか宇宙船に戻り地球に帰還しました。妻と再会した彼は、穏やかな表情で家族との時間を大事にする決意をしました。

ここで映画は終了します。

仕事ばかりしていないで家族を大事にしなさい

表面的にはこんな映画です。クリフォード(トミー・リー・ジョーンズ)は地球外生命探索を命を懸けるあまり家庭を全く顧みない人間になっています。

海王星に留まっているので顧みなさ過ぎです。

息子のロイも父同様、仕事人間になっているらしく妻のイヴ(リヴ・タイラー)とはうまくいっていません。

なんというか息子のロイも父と同じような人間であるという事実が、とてもリアリティを感じます。いい意味でも悪い意味でも、父の影から逃れることが出来ないという感覚が、親と子の関係性において何か生々しさを感じる映画でありました。

息子も父同様に宇宙飛行士を志しているので、父の影響は当然、絶大であることは間違いありません。干渉されたくないようで干渉されたくないわけでもなく。認めらたくないわけでもなく認められたい、というような親子にある複雑な感情、想いが巡る、そんな映画でございました。

ロイは宇宙の彼方でありますが、父と向い合う事で同時に自分と向い合うという、なんというか自分探求をしに行ったのだと思います。

何故、そんなに探求に命を懸けてしまうのか?何故、家族を捨ててまで宇宙に行くのか?現実の逃避か?クリフォードの理由は結局良く分かりませんが、彼は宇宙の彼方へ留まる事を選択しました。

そして、このクリフォードの選択は、私としてはなんとなく分かる気がする…という恐ろしさがあります。

というのは冷静に考えると宇宙へ行くって誰得なのか、さっぱりわからないですよね。地球でも戦争は未だにしているし、この映画でも月で戦争して人間は争っています。

一体何をやっているんだと。死ぬほど金掛けてロケット飛ばして、宇宙に行って家族が悲しんでてなんの目的?劇中のブラッド・ピットの怒りというのは正確には分かりませんが、こんな状況は怒って当然だと思います。

でも、宇宙というのは魅力的なんですよね。魅入られてしまうんですよね。行きたいですよね。宇宙人いたら見たいですよね。その衝動は何処から来るのか良く分かりません。

宇宙探査というのは分かりやすい代表的なテーマで、もっと身近なモノ、仕事でもある気がします。アイデンティを必死に確立しないと生きていけないみたいな。

そして、足元がグラついているという。

この映画では、結局、地球外生命体は出てきません。

とある男が仕事に取りつかれ家族を見なくなり、人間を見なくなり家族を捨てたら、それはもうあなた、クリフォードが地球外生命体みたいなもんですよと。

ロイの最後の地球帰還後の穏やかな顔は、目の前にあるものをしっかり見据えようというような印象でした。

何が言いたいか迷走気味の感想文でありましたが、こんな映画の印象でございました。

押し付けたい度★★★★☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF
直感映画.com

コメント