映画『アメリカン・アニマルズ』感想あらすじ:実際に起きた12憶円の画集強盗事件を映画化!感想

スポンサーリンク
©AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

日本公開日 5月17日(金)

2004年にアメリカ、ケンタッキー州で実際に起きた事件を映画化。犯行グループは4人は大学生で実行犯の彼らはこの映画に出演しています。

監督はバート・レイトン。「実話を基にした映画ではなく“実話”」と語る監督は、事件を正確に描写したいという意図があるようです。ドキュメンタリーを役者に演じさせたような映画となっています。

ドキュメンタリーと言えば、クリント・イーストウッド監督の『15時17分 パリ行き』(2018年公開)が実験的で素晴らしい映画(こっちは役者も実際の人物)でしたが『アメリカン・アニマルズ』はどんな映画なのでしょうか。

スポンサーリンク

作品詳細

原題:AMERICAN ANIMALS/2018年/アメリカ、イギリス/116分
監督:バート・レイトン
出演: エヴァン・ピーターズ、バリー・コーガン、ブレイク・ジェナー、 ジャレッド・アブラハムソン

あらすじ

「I’m Alive!!」とジョニー・サンダーを歌いながら車で飛ばしていく青年、ウォーレン(エヴァン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)。廃棄された食べ物を盗むことで最小限のリスクを楽しむ、そんなどうしようもない毎日だ。くだらない日常に風穴を開けたい、特別な人間になりたいと焦がれる2人は、大学図書館に貯蔵される貴重な本を盗み出す計画を思いつく。手に入れれば1200万ドル、誰よりも自由を求めるウォーレンと、スペシャルなことを経験したいと願うスペンサーは仲間集めを始めることに。目をつけたのは、FBIを目指す秀才エリック(ジャレッド・アブラハムソン)と、当時既に実業家として成功を収めていたチャズ(ブレイク・ジェナー)。彼らは互いを『レザボア・ドッグス』に習い「ミスター・ピンク」「ミスター・ブラック」などと呼び合うのだった。強盗作戦決行日、特殊メイクをして老人の姿に扮した4人は遂に図書館へと足を踏み入れる――。そこで彼らを待ち受ける運命とは?これは、刺激を求めて道に迷ったアメリカン・アニマルズ達の物語。

公式サイト「アメリカン・アニマルズ」より抜粋
5/17(金)公開『アメリカン・アニマルズ』120秒本予告
動画は公式サイト「アメリカン・アニマルズ」より引用
※ここから完全にネタバレになります。

感想と見どころ

映画はアメリカの画家、鳥類学者の1785年生まれジョン・ジェームス・オーデュポンの「アメリカの鳥類」の写実的な絵がオープニングから画面いっぱいに映し出され、迫力があります。

実際の鳥の大きさに描かれた絵は、かなり大きな本で一人では持てない巨大の本となっています。

この画集は大学の図書館に貯蔵してあり、 学生のスペンサー(バリー・コーガン) とウォーレン(エヴァン・ピーターズ)は警備が手薄な画集を盗み出す計画を立てます。他にFBIを目指している エリック(ジャレッド・アブラハムソン)と若くして実業家のチャズ(ブレイク・ジェナー)の4人で計画を練っていきます。

比較的恵まれた環境の4人が何故こんな事件を起こしたのか?というのが映画のポイントになってくると思いますが、この4人のうち主犯格でイケイケに実行したがっているのはウォーレンです。

周りの学生と折り合いが悪いのか、自分の人生に悲観的なウォーレンは何かを変える大きなきっかけを探しています。そこでスペンサーから聞いた高価な画集の話で火が付いたように強盗計画を練り、二人で話し合いを繰り返します。美術家のスペンサーは模型を造ったり「レザボア・ドッグス」や「現金に体を張れ」等のクライム映画を観て参考にしたり、計画が盛り上がっていきます。

その後計画には4人必要という事になりエリックとチャズと連絡を取り2人が仲間に加わります。

映画は実際に事件を起こした彼らのインタビューを交えながら進んでいきますが、話をしている姿はとても悪い人には見えません。どころかとても人が良さそうな人達です。

大学を謳歌しているというよりはアウトサイダーな4人ですが、ウォーレンが他の真面目3人を引っ張ていて、3人も退屈な日常に刺激を求め、何かを期待しているような状況です。

狙いの「アメリカの鳥類」は司書の中年の女性一人で管理されています。彼女をスタンガンで気絶させるのは誰がやるのかで揉め「俺、絶対やんないからな!!」と話しを仕切っていたウォーレンは猛反発に合い、結局ウォーレンがその役を請け負います。とても強盗団の会話とは思えません。

この映画でちょっとだけ強盗団っぽいのは、ウォーレンがニューヨークにこの手の品を専門に買い取ってくれる、危なそうな人達に話を付けに行く場面だけです。

そして計画を実行するべく老人に変装して4人は図書館に向かいますが、入った瞬間どう見ても不審者です。そしてそれぞれの配置について仕事をしますが、ここから超グダグダな強盗物語が始まります。

まず司書の女性一人かと仮定していたら数人いて、いきなり計画不能になります。そしてウォーレンが計画は中止だと言い出し、一旦外に出ますがその時のスペンサーの安堵の様子ったら堪らないです。良かったぁぁ実行しなくて~普通の日常ってなんて心地いいんだろ~っていう顔してます。

しかし、ウォーレンが計画予定日をあっさり翌日に変えて実行することになります。

もう強盗なんて止めたらいいのに。

それでも4人は動きだした計画を止める事が出来ません。あとには戻れないのです。
振り上げた拳はおろせない的な事になってます。

翌日に改めて図書館に出直し「アメリカの鳥類」が展示されている予約制の部屋に行き、司書に通してもらいます。一応、計画通りスタンガンで彼女のを気絶させようとしますが気絶せず暴れます。ウォーレンはこんなはずじゃなかった!という感じでうろたえますが何とか縛って彼女に謝ります。

信じられない手際の悪さで巨大な画集をエリックと運び出そうとしますが、早く逃げようだとか、まだ他の本を持って行くだの小競り合い、少しもスムーズにいきません。それでもなんとか裏にあるエレベーターで絵を運び出しますが、下りる階のボタンを押し間違えて図書館利用者に運び出す姿を見られてしまいます。速攻で通報が入りお尋ね者になってしまいます。

見張り役と運転手として待機していたスペンサーとチャズは状況がわからず、しまいには飛び出してきたウォーレンを車で轢いてしまいます。

その後も足がついてしまいそうな行動とるし、車でゲロ吐くは、仲間割れして拳銃で脅すしたりでグダグダすぎるウォーレン窃盗団は、罪悪とマヌケの自分達を悔いるように不安な日常を過ごしていきます。

華麗に金庫破りをする映画「オーシャンズ11」なんかとはまるで違うクライム映画です。

とまあこんな感じで話は進んで行く訳ですが、観賞していると他人事ではない怖さがあります。まずこの4人の根底にあるのは他人とは違うんだみたいな、周囲をバカにしているような態度で、なにか特別な存在にならければいけないというような意識があります。

こういう感覚はまったくの他人事とは思えないし、それに友人達との行き過ぎた悪ノリが後には引けず友情に亀裂が入ったり、場がシラケるのを恐れて実行してしまう。こういう事は誰でも経験がある気がするし、一線を越えてしまってはいけない一線とは何処なのか?いつなら戻る事が出来たのだろう?学生時代にウォーレンがもし目の前で計画を打ち明けてきたら断れるのだろうか?何か胸に迫ってくるリアリティのある映画でした。

映画はストーリーと本人達のインタビューが交互に交わって進んでいき、実話を観ているという感覚の映画体験で非常に面白かったです。

そんな行き過ぎた若気の至り?では済まされないが、彼らのアニマルな行動を劇場でチェックしてみて下さい。

因みに筆者が実行したら、うろたえ方が彼らどころではないでしょう。

押し付けたい度★★★★☆




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サスペンス
直感映画.com