『チャイルド・プレイ』(2019年)リブート版、最新作!AI搭載のチャッキー【感想】

スポンサーリンク
画像は公式サイト映画「チャイルド・プレイ」より引用

日本公開日2019年7月19日(金)

『チャイルド・プレイ』(2019年)はシリーズ第8作目。1作目の『チャイルド・プレイ』(1988年)のリブート版。監督はラース・クレヴバーグ。全作にブラッド・トゥーリフがチャッキーの声を務めていましたが、今回はマーク・ハミルです。もう一回言います。マーク・ハミルです。

『トイ・ストーリー』のおもちゃの持ち主はアンディです。『チャイルド・プレイ』のチャッキーの持ち主もアンディです。これは偶然です。

『チャイルド・プレイ』予告
動画は公式サイト映画「チャイルド・プレイ」より引用
スポンサーリンク

作品詳細

原題:Child’s Play アメリカ/2019年/90分
監督:ラース・クレヴバーグ
出演者:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、 ティム・マシスン、マーク・ハミル

あらすじ

最先端テクノロジー企業・カスラン社の期待の新商品、“バディ人形”。引っ越しをして友達がいない少年アンディは、誕生日に音声認識やセンサー付きカメラ、 高解像度画像認識などの機能が付いた高性能人形を母親からプレゼントされる。自らを“チャッキー”と名乗る人形だが、実は欠陥品だと判明。的外れな受け答えに最初はあきれるアンディだが、「君が一番の親友だよ」と話すチャッキーに次第に夢中になる。その後、“彼”が豹変することなど知らずに―。

公式サイト「チャイルド・プレイ」より引用
※以下、ネタバレ注意です。結末や、重要な場面は触れていません。

感想と見どころ

突然ですが昨今、アマゾンエコーとかグーグルホームなど、AIアシスタントを搭載したスマートスピーカーなるものが流行っています。 CMで「アレクサ!」とか言ってるあれですね。

『チャイルド・プレイ』(2019年)リブート版は、この「アレクサ!」とか言って家電を動かしたりするアマゾンエコーみたいなのが、人形型で、次第に暴走を始めて人を襲いまくるという映画になっています。(ソフトバンクのペッパーくんでもいいか?)

クラウド接続を駆使して、テレビを使って脅したり、カメラや録音機能を使ったりとスマートフォン以降の現代的な機器を駆使して、主人公達を襲っていきます。

『チャイルド・プレイ』(1998年)のチャールズ・リーレイがグッド・ガイ人形(チャッキー)になるとき「アンデュレイポッテイポッセイ~デンベラ~」と呪文を唱えると魂が乗り移っていました。しかし、今作は魂とか関係なく、言ってしまえば単なる機械です。なので、なにか霊的な怖さみたいなのはありません。

なんなら、主人公のアンディと楽しく遊んでいる映画序盤では、愛着さえ感じます。カワイイとまで言えるかは分かりませんが、 柔和なお顔をされていますし、結構いい感じのバディ感出てます。親友想いのチャッキーはアンディの為、次々とジャマ者を排除しにきます。

もちろんグロ描写で。

ざっくりストーリーを言うと

カスラン社の人気商品”バディ人形”を製造している工場で、とある疲れている作業員がいました。「ボケッとしてないで働け!さもないとまたホームレスだぞ!」と、上司に罵られて彼は”バディ人形”を組み立てる際にプログラムの制限を解除して出荷してしまいます。その後、飛び降り自殺をします。

”バディ人形は”人気で2作目の新商品発表を控えていました。主人子アンディ・バークレー(ガブリエル・べイトマン)の母親、カレン・バークレー(オーブリー・プラザ)は、おもちゃの販売員で客から、”バディ人形”の返品を受け付けます。受付けた後、手続きを無視して強引に家へ持ち帰ります。

息子のアンディを喜ばす為、”バディ人形”をプレゼントしました。「1年前の商品だと」不満の様子のアンディでしたが、人形を起動すると愛着を感じて気に入りました。お互いに自己紹介をすると人形は「チャッキー」だと名乗りました。

チャッキーはおしゃべりがうまく歌を歌ったり、二足歩行したり、テーブルゲームで遊んだり、アンディと仲を深めていきます。しかも一緒にホラー映画鑑賞!まさに”バディ人形”で”君は僕の親友”という感じです。

ある日、二人で楽しくテーブルゲームをしていました。落とした物を拾おうと手を近づけると、近くにいた飼い猫に噛まれて怪我をしてしまいました。出血を止める為、絆創膏をとりに部屋を出て戻ってくると、チャッキーは猫の首を絞めて殺そうとしていました。アンディは急いで止めに入りなんとか一命を取り留めました。

また、違う日には

カレンの彼氏であるシェーン(デヴィッド・ルイス)は、バークレー宅に来ていました。アンディはシェーンの事をあまり快く思っておらず不満がありました。これを知ったチャッキーは、シェーンが自分の家族の住む家に帰るあとを付けます。はしごに登ったシェーンを倒して、そこに芝刈り機を作動させます。迫る芝刈り機。転落して動けないシェーン!

そのあと、どうなるかは劇場でチェックして下さい。

こんな感じでどんどん排除行為がエスカレートしていき、映画最後まで人の血が流れ続けます。

最後に

映画最初に出て来る工場がアジアっぽい場所で作業員がその後、罵られて自殺するというのは何処かの大手デジタル家電製品会社の事件を彷彿とさせます。その作業員が怒ってプログラムを書き換えたおもちゃの人形が人に殺意を抱くという、人類警鐘型スプラッター映画とでも言いましょうか。

相変わらずナイフ使いがうまいチャッキーは、オリジナルから変わっていませんし、人の殺し方もバリエーションの違いで見せてくれます。

『チャイルド・プレイ』(1998年)の心理的にイヤ~な感じで来る重さみたいのは今作にはないですね。個人的にはトラウマ感はだいぶ和らいだような気がいたします。グロ過ぎてコメディ化してたりもします。まあ、それは全作に通じる部分ではありますが。

そんな部分も相変わらず楽しめる映画となっていました。
是非劇場で確認しに行ってみて下さい。

チャッキーが歌う”ユーアーマイバッディ~♪” は思わず帰り道に口ずさんでしまう事でしょう!

押し付けたい度★★★☆☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ホラー
直感映画.com