『ロケットマン』映画感想あらすじネタバレ:エルトン・ジョンの半生。

スポンサーリンク
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

日本公開日2019年8月23日(金)

エルトン・ジョンは、とても有名なシンガーソングライターではありますが、筆者はピアノマンとしてよく比較されるビリー・ジェル共に全く思入れはありません。

スイマセンいきなりジョエルにとばっちり感が出てしまいました。

私のイメージでピアノを弾きながらバラードを歌う有名な人はエルトン、ビリーなのです。

楽曲は「Your Song」しか知らないですし、告知でロックミュージシャンの見出しを見て初めて”ロックな人”と知るレベルでございます。

なので私としては、エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』(2019年)はエルトン入門映画となりました。

本作の監督デクスター・フレッチャーは、話題となった『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)のブライアン・シンガーの後任監督です。フレディ・マーキュリーの半生描いたこちらの作品は、私はクイーンリスナーでもありますし映画も大変楽しく鑑賞致しました。

比較ではないですけど若干意識しつつも本作を観に行ってきました。

ロケットマンとは曲名なんですね。

『ロケットマン』本予告
動画は「ロケットマン」より引用
スポンサーリンク

作品詳細

原題:Rocketman 2019年/イギリス・アメリカ/121分/ドラマ
監督:デクスター・フレッチャー
脚本:リー・ホール
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード、リチャード・マッデン

あらすじ

I WANT LOVE ― 愛が欲しい、でも叶わない少年時代イギリス郊外ピナー。家に寄りつかない厳格な父親と、子供に無関心な母親。けんかの絶えない不仲な両親の間で、孤独を感じて育った少年レジナルド・ドワイト。唯一神に祝福されていたのは彼の才能――天才的な音楽センスを見出され、国立音楽院に入学する。その後、寂しさを紛らわすようにロックに傾倒する少年は、ミュージシャンになることを夢見て、古くさい自分の名前を捨てることを決意する。新たな彼の名前は「エルトン・ジョン」だった。(後略)

公式サイト「ロケットマン」より抜粋
※ここから完全にネタバレになります。
スポンサーリンク

感想と見どころ

エルトン・ジョン演じるタロン・エガートン素晴らし過ぎる!

歌も上手いし踊りもキレてますし、演技も素晴らしくとても器用な役者です。ロケットマンサウンドトラックもタロンの歌で収録されています。もはや歌手ですよね。

エルトン再現度はかなり高いのかもしれません。

演じているタロンの前歯にスキマがあります。 ファンならすぐ気づくのでしょうが、エルトンの歯を再現している事を鑑賞後に気が付きました。

ボヘミアンでも思ったというかフレディはかなり特徴のある前歯ですけど、『ロケットマン』ではさりげない感じで寄せてきてます。歯表現は人物を特徴付ける重要な表現なんですね。

ミュージカル作品なので心情を踊りと歌で表現していきます。ミュージカルシーンは心を表現した楽しい場面ですがエルトンはとにかく愛情を求めているので、悲しい表現としてのミュージカル場面でもあり、なんとも言えない複雑な気持ちになります。

そして役を演じるタロン・エガートンはこの複雑な感情をとても上手く表現していたように思います。

イメージではメガネが派手だよな?とか思ってましたが、衣装も派手でどういいう構造になっているのかとても気なるようなメガネを掛けてエルトンは登場します。

登場する度に違うのでコレクションの数がスゴそうです。

エルトンの半生はだいたいこんな感じで描かれていました。

エルトンは親からの愛情を受けられず辛い幼少期を過ごしました。映画ではこの事を大人になってもずっと引きずっている状態で度々両親との確執が描かれます。

特に父親からの愛情が不足でレコードを触ると怒られ、音を立てると静かにしろと注意されます。ハグをして欲しいと訴えると「甘えるな」と突き放されてしまいエルトンはどんどん悲しんでいきます。

母親も愛情はあるものの自分勝手な母親のようで、息子のことよりも自分の事を優先にしがちです。ただおばあちゃんはエルトンの良き理解者であり、エルトンにとって大きな存在で彼の支えになっていきます。

音楽学校入学に付き添うのもおばあちゃんです。

親は何処行ったんだよ!

ゲイというのは当時かなり偏見の対象になっていました。エルトンのセクシュアルマイノリティに気付いていた両親はこの事が突き放す原因となっていたのでしょうか。映画では母親からは認めらているようないないようなはっきりとしません。

時代の問題なのか個人の問題なのか、いや個人の問題は時代と繋がり個人が時代を作り、時代は個人に影響を与えその時代の、、とにかく差別ならヒドイですよほんとに。

ミュージシャンになってからも友達だと思っていた周囲の人はエルトンを傷つける存在になっていきます。これが原因で人間不信になりアルコール依存症、ドラッグ中毒に陥ってしまいます。

映画冒頭はマレフィセントみたいなオレンジ色の衣装を着たままエルトンが自助グループに参加しているところから始まり、過去を語っていきながら映画は進行していきます。自助グループというのは同じ問題を抱えた人が集まって一緒に解決していく会です。

この会の参加で自分と向き合っていきます。

先に言ってしまうとラストは新世紀エヴァンゲリオンの最終話「世界の中心でアイを叫んだもの」のように家族も友人もみんな自助グループに終結します。(恐らく心の世界で)

自分が望んだ世界を心を開く事によって手にし、最終的には過去の呪縛を解き放つことが出来ました。この流れは『ロケットマン』もよく似ています。

幼少期から音楽の才能は素晴らしく曲を一回聴いただけでピアノので再現出来るという神童ぶりです。成長した彼は才能とセンスで国立音楽院に入学します。

ある日ライブハウスで演奏中にプロモーターから声を掛けられレコード会社と契約をします。有名なライブハウスで演奏することになりビーチ・ボーイズなど大物ミュージシャンがいる中で緊張しまくるエルトンは、なんとかライブを成功させることが出来ました。

彼の友人でエルトン作品の作詞を担当しているバーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)との出会いも描かれています。

バーニーが歌詞を書いてエルトンに送り、その歌詞にエルトンが曲を当てる。これの繰り返しで二人はひとつです。「Your Song」もバーニー・トーピン作詞で他多数、名曲を生み出しています。

エルトンはバーニーが好きだがバーニーは他の女の子とどっかに行ってしまう。二人で苦労して仕事を成功させてもエルトンの愛は叶わずとても切ないです。

あぁ、エルトン。

そしてなんと映画『ボヘミアン・ラプソディ』で登場したマネージャーのジョン・リードが登場します。『ロケットマン』ではエルトンの恋人でもありマネージャーでもある彼は、かなりのクソ野郎として描かれています。

一言でいうと銭ゲバですね。

とうとう彼が出来たと思いきや、この銭ゲバ野郎に振り回され病んでいくエルトンでありました。

ちなみにタロンとの絡みシーンはかなりに生々しいです。ジェイク・ギレンホールとヒース・レジャー主演の『ブローバック・マウンテン』(2005年)を思いだしたなぁ。こちらも非常に濃密な事になっております!観ていない方は是非!

話を戻すと病んだエルトンは自殺未遂まで起こしてしまいます。

この未遂からのミュージカルシーンが妙で自殺というとても厳しい状況であるにも関わらず担架で運ばれ治療を受けて、みんなで踊りながらまたステージに戻るという演出がなされます。

なんだか不思議な演出でした。

ステージで演奏を始めると大盛り上がり!でもプライベートは孤独なのです。

こういう状況を繰り返しながらも、スターダムにのし上がっていく様子と苦悩の半生が描かれていきます。

エルトンがライヴ演奏中に体が宙に浮いたり曲もたくさん出てくるので、映画としての演出は観ていて飽きません。特に私はエルトンをほとんど知らないので、こういう曲もあるんだとかエルトンの半生も観つつも曲を鑑賞している状態だったので最後まで楽しく観る事が出来ました。

初めて聴く曲も多かったですね~。

エンドロールでエルトンには現在パートナーと息子もいて、とても幸せそうな写真が流れてきました。両親が男というのは現在ではあまり聞きませんが、今後は代理出産による子育てが増えるのかもしれません。

エルトン初心者としてもとてもいい映画っだように思います。

最後に

アップルミュージックでエルトンのトップソングを聴きながらブログを書きました。サウンドトラックには未収録ですが「Step Into Christmas」という曲が今のところお気に入りです。夏ですが。

それと手元に『ロケットマン』のチラシがあり裏には各社それぞれコメントが掲載されています。その中のひとつFOX-TVのコメントを借りて締めさせて頂きます。

最高!

押し付けたい度★★★★☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
直感映画.com